女性特有の症状別で漢方薬を選択する

漢方薬の解説をする男

女性は生理・妊娠・出産・閉経などに関わる不調、もしくはストレスやホルモンバランスの乱れなどからくる不調で悩まさせれることが少なくありません。そのような時に、市販薬を活用するのも1つの方法です。しかし西洋薬においては対処療法的なものが多いように思われます。

 

例えば「頭痛」がすれば、市販の頭痛薬を購入して治まることがあります。しかし、なぜ「頭痛」がしたのかを考えず、再び同じ症状があれば、また市販薬を服用することの繰り返しになります。1回のみの症状であればよいのですが、何度も同じ症状になると、永遠に服用することになります。そのような時、漢方薬を服用すれば根本的治療で治すこともできます。

 

「頭痛」であれば、

  • ストレスくるタイプは「加味逍遥散」
  • 血行不良からくるタイプは「桂枝茯苓丸」
  • 余分な水分がたまって起こるタイプは「半夏白朮天麻湯」

何が原因で起こっているのかを把握し、自分に有効な漢方薬を服用することで、根本からその症状を取り除くことが可能です。

 

女性に多い症状で、「冷え性」や「月経」によるもので悩んでいる人も少なくありません。
「冷え性」であれば、血行不良・水分がたまる・エネルギー不足などの原因が考えられます。
同じ冷え性でも、どのタイプかによって服用する漢方薬が変わってくるので注意が必要です。

  • 血行不良タイプは「温経湯」
  • 水分がたまるタイプは「桂枝加?朮附湯」

 

エネルギー不足は、さらに2タイプあり、

  • 体を温める力が不足しているタイプは「八味地黄丸」
  • 消化吸収力が低下してエネルギーが作れないタイプは「人参湯」

 

そして「月経」による不快症状は、次のタイプに分かれます。

  • 血の不足によりめまいや立ちくらみを起こすタイプは「当帰芍薬散」
  • 血がドロドロにより月経痛が起きるタイプは「桂枝茯苓丸」
  • ストレスなどによりPMS症状が強く出るタイプは「加味逍遥散」
  • 冷えからくるタイプは「温経湯」

 

あまり聞き慣れない漢方薬もありますが、最近では薬局でも数多く販売していますし、病院でも漢方薬を処方してくれるところもありますので比較的手に入りやすいです。そして書店でも漢方薬に関する本が販売されているので、事前に知識を取り入れることも可能です。ただ全く分からない人は、漢方薬局で問診などを受けることも1つの方法です。