同じ症状でも人によって処方される漢方薬は異なる

漢方薬について解説する男

漢方薬は副作用が少なく長期間飲むことで体質を改善していけるお薬として注目されています。女性特有の疾患を治療するのにもよく用いられています。

 

この漢方薬、気になる肌トラブルも改善してくれます。例えば、肌荒れや湿疹、ニキビなど症状と患者さんの体質に応じて漢方薬が処方されます。

 

ですが肌荒れの原因は何かによっても使われる漢方薬は異なってきます。アレルギーによるものなのか、ストレスなのか、ホルモンバランスの乱れからきているのかなど、原因は多く考えられますが、それらを探りながら最適な漢方薬を処方することで原因から解決していくのが漢方薬の良いところです。根本から治療ができます。

 

肌荒れに用いられる漢方薬をいくつかあげてみると、温清飲・十味敗毒湯・消風散・当帰飲子・当帰芍薬散・清上防風湯・柴胡加竜骨牡蛎湯などがあります。処方された事例などを紹介しているサイトがありますので、一度検索してみてください。

処方される漢方薬はどうやって決めあれているのか

漢方薬が処方される際に、患者さんに何が不足しているのかというのを診ていきます。

 

気・血・水・精というものが体内を流れているので、その中で何が不足しているのか、流れが滞ってしまっているのはどれなのかを診てお薬を決めます。これらの流れのバランスが崩れてしまうことは、体に様々な不調をもたらすとされていて、バランスを整えていくために漢方を使います。

 

1つの漢方薬ではなく2,3種類の漢方薬を混ぜ合わせて処方されることもあります。みんな同じお薬で治るわけではないというのも漢方薬の特徴でしょう。

 

自分で漢方薬を選んで購入される人もいますが、このように細かいことを診ながら処方するお薬を決めていきますので、体質に合っていない漢方薬を飲んでいても効果が実感できないです。体質に合わないものを飲んでしまうと逆効果という事もあります。

 

漢方薬はできるだけ漢方薬を専門で扱っている薬局で相談して購入するか、漢方薬専門のお医者さんに相談して処方してもらうようにしましょう。